議論を呼んだポーランド戦

28日の23時から予選三戦目の対ポーランドが行われましたね。

結果は、0対1の負け

予選の最終結果は、セネガルと勝ち点、得失点も同じだったため、フェアプレーポイントで日本が2位となり予選突破となりました!
フェアプレーポイントとは、レッドカード・イエローカードの数によって決定するポイントみたいです。

日本は、第一戦・二戦のメンバーから6人変えてポーランドに臨みました。
前半は日本も攻めて得点できそうな感じもありましたが、武藤と宇佐美のコンビネーションがどうもうまく噛み合わなかったですね。
ポーランドはすでに予選敗退が決まっていたので、なんとなくやる気が感じられなかった印象です。

後半に入って早々、岡崎が怪我らしく座り込んでしまい、大迫と交代となりました。
そして、後半14分ポーランドのFKに合わせられてしまい失点・・・

日本は、宇佐美に変えて乾を入れてきました。宇佐美はイマイチなWCデビューでしたね。

後半37分に武藤に変わって長谷部が入りました。このとき、長谷部からメンバーにボール回しとイエローは控えろという指示が入りました。ちょうど同時刻に行われていたコロンビア✕セネガルの方では、コロンビアが先制して日本とセネガルがまったく同じ状況となっていました。そして、日本は残り10分、セネガルがそのまま試合が終わることを考えて、無理して攻撃せず0対1のままで試合を終えて、フェアプレーポイントで決勝トーナメントを上がることを選択しました。

このときのプレーがいろいろ議論を呼んでましたね。
たしかに負けてる状況でのボール回しってすごく珍しいケースですし、あまり見たくない戦術・シーンですよね。ただ、その状況で結果的には決勝トーナメントを突破できたので結果からみたら良かったのかなと思います。それまでの2試合で勝ち点を取ってきたのもあり、イエローの数が少なかったフェアプレーをしてきたというのもありますし、決勝トーナメントを上がれたのはそれまでの日本の結果なので、とりあえず日本を決勝トーナメントで見れることができてよかったです^^