ロシアW杯最終予選のオーストラリア戦

良くも悪くも原口の目立った試合でしたね・・・

結果は1対1のドロー、アジア王者のオーストラリアでアウェーということを考えれば結果だけ見ればさほど悪くないようにも思えますが、試合内容やベンチワークをみてるとかなりフラストレーションのたまる試合でしたね。

なぜ、6日のイラク戦で調子良かった選手を使わないのか。
なぜ、選手交代が残り5~10分くらいなのか。
なぜ、最後の選手交代のカードが丸山(代表初出場)なのか。

ほんとに意図がわからない・・・なぜ今日トップ下が清武じゃなく香川なのか・・・。本田のワントップもほんとやあまりいいとは思えない戦術かなとおもったんですが、今日の試合は絶対に負けられないし、勝てば最終予選をかなり優位にできる試合だったので、仕方ないと思います。それが結果的に前半そうそうの原口の先制ゴールにつながりましたしね^^

原口はほんとよく動いてて今じゃー攻撃の主軸です。この最終予選で原口が出てきてくれてほんと良かったと思えます。
今回、宇佐美や武藤の怪我による代表辞退、岡崎や長友も怪我で試合に出れない状態と、代表でいろいろ不運もあったけど、そいうのもある程度想定してメンバーを選ばないとダメっしょって思えます。

前半あれだけチーム全体で動いてたんだから、後半どうしたってバテてきます。そんなとき早めの交代で、フレッシュな選手を入れていかなと、どうしたって後手後手になって追い込まれていきます。後半のPKも原口はよく戻ったけど、ちょっと安易にユリッチにぶつかってしまったので、PKを取られちゃいました。でもその前に日本のDFがボールウォッチャーになって、ユリッチをフリーにしてしまったのがもともとの原因です。

1対1になった後、すぐに動いたのはオーストラリアの方でした。
これもよくわからない、なんでハリルはあんなにも選手交代が遅いのか・・・残り5分、10分じゃーそうすぐに結果を出せるわけがないです。前回の山口のロスタイムの劇的なゴールなんてそう何度もあるわけないので、追いつかれた段階でどんどん交代していかないと後手に回ってしまいます。

今回の結果で、ハリルの解任とまでは動かないにしても今後の進退についてはいろいろ出てきそうですね。

来月ホームで行われるサウジアラビア戦が最終予選の大一番になると思います。ホームで首位のサウジアラビアに勝てば今後の展開が良くなって行けるかもしれません。でも負ければWC出場はほぼ絶たれます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です